【産業カウンセリングの現場から】第125回 背骨づくりから始まる就職活動を

2016.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

後ろ向きな言葉を繰り返し

 就職活動を始める理由は「みんな就活を始めているし、働かないと世間的に恥ずかしいから」。考えれば考えるほど、何をどうしていいか分からくなり不安で頭が混乱してしまう、目をあわせようともせず、覇気のかけらも感じさせない彼との初めての面談は、就職活動解禁の1カ月前でした。

 二浪を経験しての入学、同じ学科の同級生には自分の弟がいました。おまけに三年生から所属する研究室も同じ。兄弟仲は良く、特に大学生活に支障はありませんが、心の奥底では兄という立ち位置を考えたり、人当たりが良く人気者の弟と比較して消沈するばかりでした。…

執筆:東京農業大学 厚木キャンパス 就職支援専門員 キャリアコンサルタント
キャリアコンサルティング技能士2級 林 和宏

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月15日第2266号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ