【イチからカクニン安衛法】港湾荷役業の安全基準(2)

2016.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

荷つり上げに伴う危険防止

 安衛則の第2編7章2節では「港湾荷役作業」の安全基準を定めていますが、その3款は「揚貨装置の取扱い」に関する規定です。

 揚貨装置とは耳慣れない言葉ですが、船舶に設置された荷役用の機械を指します(昭36・11・24基発1002号)。形としてはデリック・タイプのものが多く、貨物船に林立するマストは基本的に荷物のつり上げのために設置されています。

 揚貨装置は船に備付けの設備ですから、外国船籍の船舶のものはその国の仕様によります。外国仕様の装置の場合、日本製とは「勝手が違う」というケースもあり得ます。ですから、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年7月15日第2262号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ