【イチからカクニン安衛法】ずい道作業時の安全基準

2018.02.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

避難訓練を定期に実施

 安衛則の第2編6章2節の1款の2から1款の4までは、ずい道等の建設作業中の各種危険に対する措置を定めています。

 ・1款の2:落盤、地山の崩壊等による危険
 ・1款の3:爆発、火災等
 ・1款の4:退避等

 調査等により落盤、爆発等の危険を発見したときは、それに応じた対策を講じておく必要があります。それにも関わらず、事故等が発生したときは、直ちに危険を回避するための準備も不可欠です。

 ずい道の建設の作業等(落盤、爆発等の予防、退避等)に関する安全基準(別掲)は、大きく4種類に分かれます。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年2月15日第2300号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ