【イチからカクニン安衛法】ショベルローダーの安全基準

2015.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

前方みえるように荷物積載

 安衛則で定める「車輌系荷役運搬機械等」(第2編1章の2・1節)の3款ではショベルローダー・フォークローダー(ショベルローダー等と略称)に関する安全基準を定めています。

 ショベルローダーとは、原則として車体前方に備えたショベルをリフトアームにより上下させてバラ物荷役を行う2輪駆動の車両を指します。フォークローダーとは、原則として車体前方に備えたフォークをリフトアームにより上下させて材木等の荷役を行う2輪駆動の車両をいいます(昭55・2・10基発77号)。前方がショベルかフォークかという違いですから、アタッチメント方式で両方の機能を兼ねる機械もあります。アタッチメント交換時には作業指揮者の指名が必要です(151条の15)。

 4輪駆動のトラクター・ショベル(互換性のないフォーク備え付けのものを除きます)は、車輌系荷役運搬機械ではなく、車輌系建設機械に分類されます。

 ショベルローダー等の安全基準(別掲)は、大きく2種類に分かれます。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年7月15日第2238号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ