【イラストで学ぶリスクアセスメント】第164回 クレーンの過積載による災害

2018.02.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 クレーンは「クレーンと移動式クレーン」に大別され、「移動式クレーンの型式による分類」では(a)ホイールクレーン、(b)トラッククレーン、(c)クローラクレーンがあり、トラッククレーンには、トラッククレーンと積載形トラッククレーンがあります。今回は積載形トラッククレーンをテーマにします〔ホイールクレーンとトラッククレーンの形状は、イラストAの下部に図示〕。

《積載形トラッククレーンとは》

 一般に、当クレーンは汎用トラックの荷台のシャーシーフレームに補強を入れ、「運転席と荷台の間に小型の油圧式クレーン装置〔安全衛生用語辞典(中災防刊)を要約〕」を装備したもので、貨物積載用荷台を備え、通常は自身の荷台に荷物を積み込むために使用される〔荷物を運搬できるクレーン〕。つり上げ荷重は3t未満のものが多く、当クレーンの大多数のアウトリガーは2脚〔特注で4脚もある〕が多い。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長
中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月15日第2300号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ