【通達クリップ注目の1本】行審法改正に伴う安衛法関係通達の整備

2016.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

審査請求期間が3カ月に

 4月1日に改正された行政不服審査等により、行政処分に対する不服申立ての方法が一部変更されました。安衛法88条の計画届作成は、労基署長の認定により免除されますが、欠格事由に当たるとして認定を取り消された場合の不服申立ての方法が見直されています。審査請求に一元化するとともに、審査請求期間を60日から3カ月に延長したものです。

行政不服審査法等の改正に伴う労働安全衛生法等関係通達の整備について(平28・3・31基安発0331第1号)

1 通達の整備の趣旨

 新行審法における異議申立てを廃止し、不服申立ての種類を原則として審査請求に一元化するとともに、審査請求をすべき行政庁について、法律に特別の定めがある場合を除き、①…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年8月1日第2263号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ