【通達クリップ注目の1本】垂直搬送機の非定常作業における災防対策

2013.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

稼働範囲へ進入時は運転停止

 倉庫や配送センター等で、パレットや台車を垂直方向に搬送する「自動垂直搬送機」の死亡災害多発を受け、メーカーやユーザー、メンテナンス業者向けに災害防止対策の要請が出されました。稼働範囲への進入は原則禁止とし、やむを得ず行うときは「運転停止」の規定を順守するよう求めています。

垂直搬送機の非定常作業における労働災害防止対策の徹底について(要請)(平25・4・19基安安発0419第1号)

1 垂直搬送機の製造等を行う者<メーカー>において実施すべき事項

(1)設計・製造段階における非定常作業に関する危険性等の調査等の適切な実施

 「機械の包括的な安全基準に関する指針」(平19・7・31基発0731001号)に基づき、機械の設計、製造、改造等(略)を行う者は設計・製造段階における危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づく保護方策を実施することにより、リスクの低減を図ること。

 特に、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年9月1日第2193号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ