【通達クリップ注目の1本】労災給付の自動変更対象額の変更告示

2016.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

最低保障額を引下げ

 労災保険給付の最低保障額(自動変更対象額)と年齢階層別の最低・最高限度額が、8月1日以降見直されます。給付額は、被災日以前3カ月間の賃金をベースに算定します。最低保障額は従来から10円引き下げられ3910円になりました。療養開始後1年半を経過した場合、年齢階層別の限度額が適用されます。賃金水準が低い若年時に被災して給付が据え置かれると不利益が及ぶことを防ぐためのものですが、こちらは多くの年齢層で引き上げられています。

厚生労働省告示第293号(平28・7・25)

 労働者災害補償保険法施行規則第9条第2項及び第3項の規定に基づき、平成28年8月1日(以下「適用日」という)以後の同条第1項第5号に規定する自動変更対象額(略)を3910円(従前3920円)に変更する。

 ただし、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年9月1日第2265号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ