【通達クリップ注目の1本】職長等の能力向上教育に準じた教育

2017.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

カリキュラム定まる

 職長等の能力向上教育に関するカリキュラムが定められました。グループ演習が130分設けられています。平成3年の「安全衛生教育推進要綱」では、職長等に対し、おおむね5年ごと、そして機械設備等に大幅な変更があったときに教育を実施すべきとしていましたが、その内容や時間等は明確ではありませんでした。安全衛生責任者は職長等よりも30分長い持間が必要になります。

建設業における職長等及び安全衛生責任者の能力向上教育に準じた教育について(平29・2・20基発0220第3号)

1 建設業に係る事業者は、職長等の職務に従事する者について、職長等の職務に従事することとなった後概ね5年ごと及び機械設備等に大幅な変更のあったときに、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年4月1日第2279号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ