【通達クリップ注目の1本】健康づくりのための睡眠指針2014

2014.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「睡眠12箇条」を制定

 厚生労働省は、睡眠12箇条を提示しました。日本の成人の睡眠時間は6時間以上8時間未満の人が6割を占めるとしたうえで、科学的知見に基づき睡眠時間が不足している人は生活習慣病になる危険性が高いことや、不眠の症状がある人はうつ病にかかりやすいとしています。平成15年発表の「睡眠のための7箇条」を11年ぶりに見直したものです(本誌4月15日号4ページで既報)。

健康づくりのための睡眠指針2014(平26・3・31厚労省健康局)

1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。
2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
3.…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年7月1日第2213号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ