【トップ&キーマンいんたびゅう】厳しい現場環境でも安全は確保したい

2014.06.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本舞台技術安全協会(通称・JAST=ジャスト)――コンサート・演劇・イベントなどの会場設営における安全確保を目的として設立された団体である。同協会の幹事会議長・本多健二さんに、「演出空間」ならではの施工環境とその特殊性、事故・災害防止を図る難しさなどについて語っていただいた。

NPO法人日本舞台技術安全協会
幹事会議長 本多 健二 さん

――実をいいますと、コンサートのステージとか各種イベント会場を設営・施工する専門の業界に関しては最近までよく知りませんでした。ですから、失礼ながら貴協会につきましても……。

本多 でしょうねぇ(笑)。一般的には建設業界の一部といった見方がされていますし、工事内容も一見建築現場と似たところがありますから……。しかし、イベント業界では各業種施工業者への発注形態は、同一フィールドで多業種が同時に作業を進めざるをえない現場環境など、建設現場とは違った危険な特殊性があります。

 具体的に言いますと、例えば…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年6月15日第2212号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ