【建設業の労働災害事例】第192回 窓ガラス交換で炉の上屋内に入り一酸化炭素中毒に

2013.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.災害は、ビートからグラニュー糖を生産する工程の一部である清浄(不純物を除去)工程において使用する石灰乳と二酸化炭素を製造するためのキルン炉上屋内の2階で発生した。

 キルン炉塔は地上高さ28mで、8つのフロアーと移動のための昇降階段が設けられ、7階と8階は2階建の上屋で覆われている。

2.キルン炉塔の8階(上屋2階)には、コークスと石灰原石の投入口があり、当日は火を入れる初日で木片等の着火材、コークス、石灰原石が順次投入され、炉の内部でコークスが燃焼し、石灰原石が熱せられていた。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年11月1日第2197号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ