【イラストで学ぶリスクアセスメント】第192回 危険な玉掛け方法の災害

2019.05.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 新天皇の即位に関わる長い連休が終わり、いよいよ本格的に新たな年の事業がスタート。各事業場では、4月1日の人事異動と新入社員を迎え、5月から本格的に事業活動が始まることと思います。現代社会では機械化が進み、大多数の製造現場などでは、クレーンなどの作業は不可欠です。当連載では初回以来、クレーンなどの関連は29回記事にしました。今回は、玉掛け用具のうち、今でも最も多く使用されている玉掛け用ワイヤーロープをテーマにします。

 《玉掛け用ワイヤーロープについて》(以下、クレーン則は「ク則」という)

 ①玉掛け用に用いるワイヤーロープは「6×24普通よりA種」、②安全係数は「6以上」〔ク則第213条〕、③切断荷重は「直径の2乗/2〔kN〕〔*1〕、④つり角度によりwr張力の増加係数は変動〔つり角0度:1.00・つり角30度:1.04・60度:1.16・90度:1.41・120度:2.00〕、原則として、つり角は60度、…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年5月15日第2330号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ