【建設業の労働災害事例】第205回 荷を吊り上げ中、アウトリガーが沈下しクレーン転倒

2014.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害の発生状況

1.道路拡幅に伴う舗装工事において、積載型トラッククレーン(つり上げ荷重2.93t)でバリケード用コンテナ(総重量940kg)を車体の反対側に移動すべく、4点づりでつり上げ、旋回後にジブを倒しながら伸ばしたところ、クレーンが隣のライトバン側に転倒し、オペレーターが操作レバーとライトバンの間に挟まれたものである。

2.クレーンの設置個所は、砂と砂利が混同した軟弱地盤で、左側がやや高くわずかに傾斜していた。…

建災防北海道支部編「建設業の死亡労働災害事例集」より

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年9月15日第2218号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ