【本当に役立つ!こころの耳】第47回 事例紹介43 介護疲れからうつを発症

2017.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

仕事を早く終えて自宅介護の日々…

 今回、「事例紹介」より紹介するのは「認知症の母の介護疲れからうつ病を発症した会社員の事例(事例6-3)」です。

 厚生労働省「仕事と介護の両立のための制度の概要」によると、平成19年~24年の5年間に家族の介護・看護のために前職を離転職した雇用者数は、43.9万人と推定されています。

 高齢者人口の増加とともに、介護保険制度上の要支援・要介護認定者数が増加しており、今後さらに、団塊世代が70歳代に突入することに伴い、その傾向は続くことが見込まれます。

 その介護者は、とりわけ働き盛り世代で、企業の中核を担う労働者であることが多く、企業において管理職として活躍する方や職責の重い仕事に従事する方も少なくありません。そうしたなか、…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会 こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長
石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年4月1日第2279号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ