【本当に役立つ!こころの耳】第83回 事例紹介76 持病がありながらも労災認定に至った判例

2018.09.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

道路走行中、左手のしびれなどを発症し救急車で搬送

 今回、紹介する事例は「西宮労基署長(大阪淡路交通)事件(事例4-3)」です。国(労働基準監督署)が、労働災害か否かを認定する際、うつ病などの精神疾患や自殺の発症となった原因が、仕事に関係すること(業務上)か、仕事には関係せず個人の持病や性格によるもの(業務外)かが問われます。労働基準監督署の労災認定に不服がある場合、裁判所で争われる流れになります。…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年10月1日第2315号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ