【社労士が教える労災認定の境界線】第243回 職場と家庭両方でストレスを抱えてうつ病に

2017.05.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

災害のあらまし

 A建設会社に勤務するXは、書類作成や顧客対応などの業務を主に担当していた。社内で唯一の国家資格保有者であったため、業務がX一人に集中し、法定労働時間を大きく超える長時間労働の状態が慢性化していた。また、Xは他の従業員に比べて勤続年数が長く、中堅的な立場にあったことから、営業目標達成の可否について上司から日常的に強い圧力がかけられていた。

 Xは職場のほかに、自らの家庭でも問題を抱えていた。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 宮城会 FP&SRオフィスONE 代表 中島 文之

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月15日第2282号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ