【安全文化を創る】②安全はガラス玉

2013.02.01 【安全スタッフ】

災害は氷山の一角、水面下には…

 ゼロ災を目指そうとした時、発生した災害(顕在事故)だけの原因を調べ、対策を打っても組織としてのゼロ災は期待できません。なぜならば、災害の予備軍として水面下に存在する潜在事故や直接原因の9割以上を占める不安全行動がなくならない限り災害は根絶できないからです。

安全管理のステップチェンジ

 これまでに多くの設備改善や管理的な対策で安全性改善が進んできましたが、不安全行動が原因の事故や災害は相変わらず繰返し発生しています。

 これは、法的な責任が明確で手が打ちやすい設備改善や管理的な対策が優先的に実施された反面、…

執筆:JFEメカニカル 安全衛生担当役員付理事 西坂 明比古

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成25年2月1日第2179号

あわせて読みたい

ページトップ