【社労士が教える労災認定の境界線】第216回 労災で寝たきり後に発症した肺がんで死亡

2016.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 Xは工事現場にて警備員として交通整理の警備業務に従事していたところ、走行中のトレーラーが跳ね上げたワイヤーの末端が首に当たり、頸部損傷などの傷害を負った。Xは、病院に搬送され入院し、咽頭摘出の手術を受けた。同人は脳梗塞や右半身マヒなどでその後も治療を続けた。これら負傷は業務上のものであるとして、労働者災害補償保険法上の療養補償給付および休業補償給付の支給を受けた。

 Xはその後、自力では体を動かすことができないいわゆる寝たきりの状態となり、全身管理を受けるようになった。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 社会保険労務士永井事務所 所長 永井 康幸

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月1日第2255号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ