【産業カウンセリングの現場から】第113回 現場知る保健師の面接を

2016.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

スクリーニングで終わらせない

 私は大学を卒業して以来ほぼ50年、産業保健分野で仕事をしてきました。なかでも企業の健康管理や健康保険組合連合会に籍を置き、健保組合の保健事業に関わることが主でした。

 企業に就職したときは、結核の早期発見・早期治療を目的とした健康診断が功を奏し、職場の結核による休業者も減少してきたころでした。そして高血圧者が目立ち始め、「成人病」対策や職場不適応などの精神衛生管理が話題になり始めました。これらの疾患は、従来のスクリーニング機能の健康診断では対応しきれず、職場単位の巡回方式や誕生月健診と銘打った個人面談を重視した定期健康診断方式とする企業が増えてきました。

 この度のストレスチェックは、まさに高ストレス者のスクリーニングにすぎません。そこで、…

執筆:東京工科大学産業保健実践研究センター 客員教授
一般社団法人日本産業保健サポートセンター 理事
日本産業精神保健学会 常任理事 飯島 美世子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月15日第2252号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ