【想いはせれば】第31回 「職長」の役割

2016.04.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 事業所で新年度が始まる4月、工場の家族が住む社宅では「赤飯」が配られてくることがありました。「職長」に昇進した家から内祝いで近隣に配られたものです。私の勤務する工場では昭和30年中ごろまでそんな習慣がありました。当時の定年は55歳でしたが、勤続が長く、普通に勤務していれば50歳前後で職長になれました。「職工」にとって職長は、社内でも社会的にも尊敬される名誉な地位でした。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年4月1日第2255号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ