【裁判例が語る安全衛生最新事情】第233回 東京エムケイ事件 運転指導時の暴行・暴言に使用者責任 東京地裁平成26年12月10日判決

2015.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

Ⅰ 事件の概要

 原告X1~6は、タクシー会社である被告Y1社の運転手であったが、平成22年、23年ごろにY1社の代表取締役社長であった被告Y2からパワーハラスメントを受けたとして不法行為に基づく損害賠償請求をした事件である。

 Y1社では、事故を起こした運転手らに対して安全運転のための指導として「運転チェック」というシステムを採用しており、安全運転のための指導を行っていたが、その際、Y2による運転チェックも実施していた。そのY2の運転チェックでは、X1らが実際にY2を乗せて自動車を運転するのであるが、Y2は、「キチガイ。あほ。辞めろ」などの暴言を吐き、さらに運転席の背後を蹴り付けるなどの暴行を行った。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月15日第2242号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ