【産業カウンセリングの現場から】第98回 産保センターの活動が実を結ぶ

2015.06.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

職場復帰支援の講演が盛況

 平成24~25年度厚生労働省委託事業メンタルヘルス対策支援事業の産業保健推進センター沖縄事務所の調整員としての2年間と平成26年度沖縄産業保健総合支援センターの労働衛生専門職1年間を通し見聞した、沖縄におけるメンタルヘルス対策促進員の皆さんの取組みについて紹介させていただく。

 平成24年5月の連休明けに出勤。明るく感じのいい職場であった。宮崎弁の元労働基準監督署署長の小川仁促進員がおり、5月の促進員会議はわいわいガヤガヤと賑やかである。7月18日に「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰を支援する」関係者交流シンポジウムの企画があり、講師への連絡、会場やパネリストの確認、講演会リーフレット送付先などについて話合いが持たれた。ダイレクトメール発送後、すぐに反応があり、2週間余で定員100人に達した。関心が高いことに驚いた。…

執筆:沖縄産業保健総合支援センター 労働衛生専門職 梅田 洋子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年6月15日第2236号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ