【産業カウンセリングの現場から】第56回 生産性向上のためのEAP導入

2013.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「0次予防」の取組みを

 目下企業が抱えるメンタルヘルスにまつわる課題への対策には、2つのアプローチが必要と思います。1つは、1次予防と呼ばれる予防の教育・啓発を図っていくことから、2次、3次予防の領域である相談体制の整備から再発予防までのサポートです。もう1つのアプローチとしては、いわば0次予防ともいえますが、0からプラスもしくはプラスからより生産性を上げていくポジティブな取組みです。つまり狭い意味での「メンタルヘルス不調者」への「メンタルヘルスケア」だけではなく、働く人と組織の「生産性向上」へ貢献するソリューションが求められてくると思います。

 そのような企業の生産性向上のための一つのソリューションとなり得るのがEAP(Employee Assistance Program)従業員支援プログラムです。…

執筆:一般社団法人EAPコンサルティング普及協会 監事
ピースマインド・イープ㈱ 取締役副社長 荻原 英人

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月15日第2194号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ