【イラストで学ぶリスクアセスメント】第56回 硫化水素中毒の災害防止

2013.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 長崎県佐世保市の水産物加工会社で今年5月末、直径約2.5m、深さ約2mの汚水槽の中で清掃をしていた3人が倒れて1人死亡、2人が重体の災害が発生しました。原因は、汚水槽内の海水の中に魚のウロコが混ざり、腐敗する過程で硫化水素が発生したとみられています。同僚が消防署にいち早く連絡して救出されたので、重体の2人は病院でその後、意識を取り戻しました。

 製造業などの多くの事業所には、汚水槽・排水槽・貯水槽などがありますので、類似災害防止のために、今回は硫化水素(H2S)をテーマにします。H2Sの許容濃度は10ppmです。10ppmが眼の粘膜の刺激下限界です。20~30ppmになると、肺を刺激する最低限界、100~300ppmでは2~15分で嗅覚神経麻痺となります。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年7月15日第2190号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ