【想いはせれば】第56回 山林作業の労働災害

2017.04.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私の右足の膝のサラには創傷を縫った傷跡があります。少年のころ、近くの山で木炭の原料の大木をノコギリと斧で伐倒し、枝を払っていたとき、斧がはねて足を直撃しました。私の右足の傷はそのときのものです。

 福岡・筑豊の福知山に連なった山脈の金剛山の麓に、「もととり」と呼ばれる里山があります。…

執筆:セフティレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年4月15日第2280号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ