【産業カウンセリングの現場から】第47回 プラスのストローク交換を

2013.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

根本にコミュニケーション不足

 私の仕事の一つに、快適な職場づくりのお手伝いをする研修講師の仕事があります。その職場で抱えている問題点をうかがい、研修プログラムの提案をして、実際に研修を実施していきます。メンタルヘルスやハラスメント、コンプライアンスなど要望は多岐にわたりますが、その根本には、どの職場もコミュニケーション不足の問題があるように感じています。

 私が相談を受けた事例に、パワーハラスメントを受けている当事者ではなく、その周囲の方からの相談がありました。「職場でパワーハラスメントがあり、裁判まで発展し雰囲気が非常に悪くなっている。職場にいるだけで精神的に疲れてしまう。今まで仕事が楽しかったのに、最近は全然楽しめない」話を聞いてみると、…

執筆:キャリアサポートオフィスプロセス 代表 星野 宏

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月1日第2185号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ