【ちょっと一息】第47回 ローレライ/中込 平一郎

2014.12.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 なじかは知らねど心わびて昔の伝えはそぞろ身にしむ…どなたも中学・高校のころ耳にしたことのある有名なローレライ。訳者は近藤朔風ですが、つい最近まで誰の詩によるものか全く知りませんでした。ハインリッヒ・ハイネ、ドイツの詩人。若くして文学に心を惹かれ詩の世界に自らの人生を託したそうです。彼のことは詳しく知らなくとも、ローレライは良く知られています。歌になったことで口ずさんでいた時代や、その当時、自分がどんなことをしていたか、どんなことに心が傾いていたかを思い出します。その時は、まさか今の自分を想像できないのですが、なんとなく甘酸っぱい思い出をよみがえらせてくれます。…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年12月1日第2223号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ