【ちょっと一息】最終回 年賀状あれこれ/中込 平一郎

2014.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 新年の挨拶を書状にて行ったのは奈良時代がはじめとか。いまのように年賀状としてはがきをもってするようになったのは明治になり郵便はがきが発行されてからと知りました。私が年賀状を書くようになったのは小学校に入ってからのことです。普段、顔を合わせているために手紙を書く機会などなく、なんとなく面白半分に書いたり、長ずるに及ぶと気になる異性に送って、返信(多分仕方なくとは思いますが)の年賀状が届くとわずかな文字を何度も読み返したり…

筆者:中込労務安全事務所 建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年12月15日第2224号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ