【人事学望見】第1122回 要件まったく不備の整理解雇 経営不振だけで残り3つ欠ける

2017.11.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

これだけ欠けたんじゃあ…

 経営不振になって、経営者がまず考えることは人員削減のための解雇である。経営感覚から、簡単に不要人物を類推し指名解雇をなすことになるが、争いになると十分な解雇回避努力をなしたか否かなど4つの要件について効力が厳しく吟味され、簡単にはいかない。

定年前だが再雇用を除外

 整理解雇の大前提は、経営不振だがその他の要件のうち回避努力、人選の合理性、労働者への説得が不十分だとされたのが、株式会社よしとも事件(京都地判平8・2・27)である。残る3つの効力が揃って否定されたのは珍しい。

 事件のあらまし

 旅行用品、土産品の販売を主事業とするYは、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年11月6日第3135号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ