【人事学望見】第1102回 セクハラで懲戒解雇できるか 名誉や信頼を著しく傷付ければ

2017.06.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

つい出来心は通用しない!

 懲戒解雇は、労働者の地位、役割などの諸点を考慮し、同人を企業外に排除しないと企業内秩序が維持できない、とか使用者との信頼関係が破壊された、というような最も重大、悪質な場合に課せられる最高の処分。これを「セクハラ」加害者に課すことができるのだろうか。

未成年女子に猥褻行為を

 普通解雇処分は少なくないが、さすがに退職金不支給という「永年勤続の功」を抹消するまでの懲戒解雇となると、裁判例でも数少ない。 

 西日本鉄道(福岡観光バス営業所)事件(福岡地判平9・2・5)は、救いようのない事案であった。

 事件のあらまし

 観光バス運転者が、宿泊所たる旅館で未成年の女子バスガイドに、その意に反して猥褻行為をしたとして懲戒解雇された。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年6月5日第3115号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ