【改正特許法 職務発明制度―その実務対応と活用―】第5回 「相当の利益」付与の実務 報奨に3つの段階 実情考慮し制度設計/鮫島 正洋・杉尾 雄一

2016.08.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

インセンティブの相場

 前回までに、会社は職務発明に係る特許を受ける権利を取得した場合、技術者に対し「相当の利益」を付与しなければならないことを説明した。会社は、勤務規則で定められた算定基準に基づき「相当の利益」を付与すれば基本的には免責されるが、この算定基準はどのように定められているのだろうか。

 一般的に「相当の利益」は、特許出願時に支払われる「出願時報奨金」、特許権の設定登録時に支払われる「登録時報奨金」、特許発明の実施等の実績に応じて支払われる「実績報奨金」の3段階に分けて支払われる。

 これらの報奨金の世間的な相場は、独立行政法人労働政策研究・研修機構平成18年7月7日付調査によれば、出願時報奨金は平均9941円(最大10万円、最小1000円)、登録時報奨金は平均2万3782円(最大30万円、最小1200円)で、実績報奨金は76.8%の企業に支払実績があるとされている。…

筆者:弁護士法人内田・鮫島法律事務所
弁護士・弁理士 鮫島 正洋
弁護士・弁理士 杉尾 雄一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月1日第3075号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ