【企業の成長導く女性活躍推進法】第9回 多様なキャリアコース 離職者の能力も活用 再雇用制度などを整備し/権丈 英子

2016.03.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

出産経て非正規中心に

 女性活躍推進法は、正社員だけではなく、あらゆる雇用形態の女性を対象とするものである。このため、同法が求める状況把握等は、雇用管理区分ごとに行うことになっている。また、状況把握の任意(選択)項目として、「男女別の職種や雇用形態の転換の実績」など、「多様なキャリアコース(再チャレンジ)」に関するものが含まれている。今回は、非正規労働と多様なキャリアコースについて取り上げよう。

 図表1より、女性の年齢階層別の就業形態を確認しておく。

筆者:亜細亜大学経済学部 教授 権丈 英子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月14日第3056号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ