【問題社員に対処!懲戒権行使の境界線】第12回 企業秘密の漏洩/岸 聖太郎

2016.09.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

故意なら重い処分も 「重過失」は降格などに

営業秘密以外を含む

 前回も少し触れたとおり、企業秘密が流出した場合、企業に与える影響・損害は計り知れないものがある。たとえば、製造開発に関する極秘の技術資料が流出すれば当該企業の競争力は大きく削がれるおそれがあるし、また、顧客情報が流出したようなケースでは企業の信用性が損なわれ、場合によっては顧客から民事損害賠償を請求されるといった事態にも発展し得る。そのため、企業が企業秘密の漏洩を行った従業員に対して、懲戒という厳罰をもって臨むのもやむを得ない事情がある。…

筆者:石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 岸 聖太郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月26日第3082号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ