【通達クリップ注目の1本】自殺総合対策要綱の一部改正

2017.08.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

長時間労働の是正改善を

 自殺対策の指針として定められていた「要綱」が一部改正され、閣議決定されました。「働き方改革」を踏まえ当面のポイントとして、長時間労働の是正が盛り込まれた形です。一方、職場の人間関係といった「労働の質的負荷」に関して、ストレスチェックの結果活用が必要としています。その他、行政として、ハラスメント発生事業所への指導を徹底する方針です。

自殺総合対策要綱~誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して~(平29・7・25閣議決定)
勤務問題による自殺対策をさらに推進する

(1)長時間労働の是正

 長時間労働の是正については、「働き方改革実行計画」を踏まえ、労働基準法を改正し、週40時間を超えて労働可能となる時間外労働の限度を原則として、月45時間、かつ、年360時間とし、違反には以下の特例の場合を除いて罰則を課す。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年9月1日第2289号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ