【髙井伸夫弁護士の愚考閑話録】第5回 青春時代 仕事が人生を豊かに 就業体験制度の改善望む

2015.05.25 【労働新聞】

 青春時代の特権は、大きな夢を抱いて遮二無二がんばり抜く熱意ではないか。やわらかな陽光を浴びて街を闊歩する新入生、新入社員の若者諸君の姿を見ながら、そんなことを思った。

 齢を重ねたわが身の青春時代を顧みると、自分自身が何者たり得るのだろうかという不安もあったに違いないが、それをはるかに上回る夢と希望にあふれ、友情を育み、青雲の志を抱き、未来は光輝いていた。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 髙井 伸夫

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年5月25日第3018号7面

あわせて読みたい

ページトップ