【髙井伸夫弁護士の愚考閑話録】第16回 エリートの抜擢とAI 新リーダー像が誕生 早い時期に能力見極めを

2016.04.25 【労働新聞】

 非正規労働者が雇用者の約4割を占める現状では、格差問題解消への取組みが叫ばれるのは当然である。しかし、社会の健全な発展のためには、格差問題だけに着目しては不十分であり、エリートの抜擢・育成が極めて重要であることを忘れてはならない。人間は競争社会に生きているのであり、競争こそが個人を磨き、組織の質を高めていくといっても過言ではない。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 髙井 伸夫

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年4月25日第3062号7面

あわせて読みたい

ページトップ