【データバンク室】「『日本再興戦略』改訂2015」ほか

2015.07.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「『日本再興戦略』改訂2015」(首相官邸・A4判・196頁)

 平成27年6月30日閣議決定。紛争処理の時間的・金銭的な予見可能性を高め、透明かつ公正・客観的で、グローバルにも通用する解決制度の構築が必要とし、金銭解決の選択肢を労働者側に付与する方針を示した。

『日本再興戦略』改訂2015


「平成26年度『過労死等の労災補償状況』」(厚生労働省・A4判・24頁)

 脳・心臓疾患に関する労災補償事案は減少しているが、精神障害事案は増加し過去最高に。請求件数は1456件で、業種別では「製造業」「医療、福祉」「卸売業、小売業」の順に多い。

平成26年度『過労死等の労災補償状況』


「平成26年『労使コミュニケーション調査』の結果」(厚生労働省・A4判・26頁)

 労使関係が安定的と認識している事業所は87%に達していることが判明。労使コミュニケーションが良好と考えている労働者は54%で、前回の49%より改善した。

平成26年『労使コミュニケーション調査』の結果


「ユビキタスワークスタイル(働き方)変革実践ガイドライン」(一般社団法人情報サービス産業協会・A4判・64頁)

 ITを活用した時間と場所を問わない働き方を実現するためのテレワークの導入・実践ガイド。導入状況を4段階に分け、各段階ごとの取組みを示した。

ユビキタスワークスタイル(働き方)変革実践ガイドライン

この連載を見る:
平成27年7月20日第3025号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ