【データバンク室】「今後の長時間労働対策について」ほか

2015.01.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「今後の長時間労働対策について」(厚生労働省・A4判・5頁)

 平成27年1月から着手した過重労働撲滅に向けた取組みの概要。時間外労働時間数が月80時間を超えるとみられる事業場や、過去に過労死などにかかわる労災請求が行われた事業場を監督指導の重点対象にする。

今後の長時間労働対策について


「労働安全衛生規則の一部を改正する省令案の概要(足場からの墜落防止対策の強化関係)」(厚生労働省・A4判・13頁)

 足場からの墜落防止対策を強化する安全衛生規則改正を行う。足場組立・解体などを特別教育の対象業務に追加する。施行日は平成27年7月1日。

労働安全衛生規則の一部を改正する省令案の概要(足場からの墜落防止対策の強化関係)


「平成26年労働組合基礎調査の概況」(厚生労働省・A4判・12頁)

 労働組合の推定組織率が過去最少の17.5%を記録した。連合の組合員に限っては2000人増加しており、全労働組合員に占める割合が前年より0.2ポイント上昇し69.5%となっている。

平成26年労働組合基礎調査の概況


「女性の活躍状況『見える化』調査(概要版)」(愛知県・A4判・16頁)

 「あいち女性の活躍促進プロジェクト」の一環として実施。課題として「女性が担当できる仕事が限られている」(25.4%)、「女性社員の意識が伴わない」(24.1%)などが挙がった。

※リンク切れ

この連載を見る:
平成27年1月26日第3002号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ