【データバンク室】「若者の『使い捨て』が疑われる企業等への取組を強化」ほか

2013.09.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「若者の『使い捨て』が疑われる企業等への取組を強化」(厚生労働省・A4判・13頁)

 若者の「使い捨て」を行う企業が問題となるなか、「長時間労働の抑制に向けた集中的な取組み」「電話相談の実施」「職場のパワハラ予防の周知啓発」などを実施することを明らかにした。

若者の『使い捨て』が疑われる企業等への取組を強化


「年金保険料の徴収体制強化等に関する論点整理」(内閣官房・A4判・17頁)

 社会保障・税一体改革大臣の下に設置された「年金保険の徴収体制強化等のための検討チーム」がこれまでの議論のポイントをまとめた。これまで以上の徴収強化が必要としている。

年金保険料の徴収体制強化等に関する論点整理


「非正規社員の働き方の意識と実態に関する調査報告書」(日本経営協会・A4判・2頁)

 今年6月、非正規社員として週30時間以上勤務する大学卒以上の25~40歳の男女を対象に実施したインターネット調査の結果集計。職場の教育・能力開発の現状に不満を抱いている。

※リンク切れ


「『労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準』(37号告示)に係る疑義応答集(第2集)への意見」(情報サービス産業協会・A4判・6頁)

 厚生労働省が示した上記「疑義応答集(第2集)」案について、改善点などを要望する意見書を同省宛てに提出した。

『労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準』(37号告示)に係る疑義応答集(第2集)への意見

この連載を見る:
平成25年9月2日第2935号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ