【データバンク室】「過労死等防止対策推進法関係政令の概要」ほか

2014.11.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「過労死等防止対策推進法関係政令の概要」(厚生労働省・A4判・5頁)

過労死等防止対策推進法の施行に関する政令が10月17日に公布され、同法施行期日は11月1日となった。過労死等防止対策推進協議会の組織と運営に関する協議会令も定められた。

「過労死等防止対策推進法関係政令の概要」


「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案」(内閣官房・A4判・26頁)

政府が臨時国会に提出した「女性活躍推進法案」の全容。常時雇用する労働者301人以上の企業に対し、女性登用の数値目標などを明記した行動計画の作成を求めている。

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案」


「コーポレートガバナンス・コードに関する意見書」(経済同友会・A4判・12頁)

企業統治の強化に向けて、過半数が独立取締役で構成する指名諮問委員会・報酬諮問委員会を設置し、不祥事の防止と成長力・収益力の向上に重点を置くべきと提言している。

「コーポレートガバナンス・コードに関する意見書」


「職務発明制度の見直しの方向性(案)」(特許庁・A4判・2頁)

特許制度小委員会がまとめた特許法改正に向けた基本方針案。企業に社員への適切な報奨を義務付けることを条件に、特許を受ける権利を「従業者帰属」から「法人帰属」に変更するとした。

「職務発明制度の見直しの方向性(案)」

ジャンル:
平成26年11月3日第2991号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ