【データバンク室】「若者の『使い捨て』が疑われる企業等に関する無料電話相談の実施結果(速報)」ほか

2013.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「若者の『使い捨て』が疑われる企業等に関する無料電話相談の実施結果(速報)」(厚生労働省・A4判・1頁)

 9月1日に8カ所の都道府県労働局で開設した電話相談の実施結果をまとめた。相談受付件数は1042件に上り、「賃金不払い残業」が556件で最多。

若者の『使い捨て』が疑われる企業等に関する無料電話相談の実施結果(速報)


「次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画及び認定制度に係る効果検証研究会報告書案」(厚生労働省・A4判・25頁)

 上記研究会が次世代法の効果検証結果をまとめた。女性を取り巻く環境改善が進んだとしてさらなる拡充を求めている。

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画及び認定制度に係る効果検証研究会報告書案


「『日本再興戦略』の施策の主な実行状況」(内閣官房・A4判・10頁)

 日本再興戦略の実行状況によると、「労働時間法制の見直し」、「多様な正社員」の在り方などについて、予定を前倒しして9月から本格的な検討に入るとしている。

『日本再興戦略』の施策の主な実行状況


「平成24年度介護労働実態調査結果」(介護労働安定センター・A4判・11頁)

 平成24年に実施した「事業所における介護労働実態調査」と「就業実態と就業意識調査」の結果概要。介護職員処遇改善加算を算定した事業所の対応は、「一時金の支給」が56%を占める。

※リンク切れ

ジャンル:
平成25年9月16日第2937号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ