【人事の小窓 ちょっと道草】コンプライアンスとは?/大野 正美

2013.10.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 当社は菓子・食品を製造販売する創業112年の会社で、新宿中村屋という愛称でも親しんでいただいております。明治37年にクリームパンを創案し、月餅、中華まんじゅう、インドカリーなど様ざまな商品をお客様に提供させていただいております。

 こうした会社で総務・法務関係の仕事に就いており、今現在は、人事部も担当しています。会社対組合という集団的労働紛争の時代から個別労働問題解決型に世の中が移行する中で、従業員の問題は人事部だけでなく、法務担当にも及ぶようになってきました。内部通報制度であるヘルプラインの窓口を担当したりと、従業員の問題に関わる仕事にこれまでも携わってきました。…

筆者:㈱中村屋総務・法務部 人事部統括執行役員 大野 正美

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
    平成25年10月14日第2940号5面 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ