【人事学望見】第933回 事実上のルールである労使慣行 就規の合理的変更で破棄可能か

2013.11.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

誰でも理解している状態!

 労働条件は、使用者が定める就業規則や労働者との合意による労働契約によることが、本来の方法ということができる。しかし、長年にわたって反復、継続されてきた取扱いとしての労使慣行もほとんどの企業で存在する。この慣行を使用者の意向で一方的に破棄できるのだろうか。

長年の間に根付いたもの

 大森製作所は、大手電気機械器具製造業の第二次下請けに当たり、部品製作が中心で独自の開発商品を持っていない。創業者社長の大森達三は、20年前にその元請けから自主独立した。今では従業員数も50人を超える規模にまで成長したのだから、本社筋からも一目置かれるほどの立志伝中の人物であり、これは自他共に認めているところ。…

 

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年11月4日第2943号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ