【人事学望見】第999回 ひと筋縄でいかない解雇予告 除外認定に立ち塞がる壁がある

2015.03.23 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

次回お楽しみとはいかない…

 解雇予告手当は、賃金ではないとされている。しかし、労働者が抜打ち解雇された場合、その日から生活に困る事態に陥ることも想定される。解釈例規によれば、支払い方法は賃金に準じて行うべきであり、当局は事業場に対し直接払い、通貨払いを行うよう指導している。

休業手当は姑息な手段か

 「解雇予告および予告手当を支払わない解雇は有効だろうか」

 西日本製作所の人事課メンバーが講師となって毎月開催している労働法勉強会で、岡本人事課長が出席者にこう質問したところ、衆議一決して「無効である」との回答が下された。

 「そう思うのはもっともなこと。しかし、簡単には断じられない」…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月23日第3010号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ