【人事学望見】第982回 出向と社会・労働保険の適用 元と先で合意形成が必要条件に

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

民間保険と異なり強制適用

 出向は、出向元と労働者間、出向先と労働者間に二重の労働契約が成立するがこの意味は、契約上の権利義務が重複して出向元と労働者間、出向先と労働者間に存在しているというのではない。社会・労働保険の被保険者資格は、二重取得の防止策が講じられている。

働く人々の救済を考えて

 「雇用保険が一番分かりやすい。通達によって、出向元、出向先の両者が賃金を支払っている場合は、どちらが当該労働者の生計を維持するに必要な主たる給与を支払っているかをみる。給与支払いの多い方との雇用関係のみ被保険者資格を認める、とされている」

 創立当時の業態は機械加工中心だったが、現在では本体のみが日本精密加工工業と製造業の面影を残しているものの、横文字の衛星企業群には、製品別に商社的事業が主体となっているところも少なくない。したがって、社員も出向や転籍で原籍を離れ、労働条件も一様ではなくなってきた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年11月10日第2992号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ