【変わる!労働関係法―企業はいかに対応するか】第17回 労働契約申込みみなし⑮――無期雇用と業務後の承諾 1年以内なら有効か 他の請負先で就業しても/安西 愈

2015.11.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

同じ業務がない場合も

 前回、「労働契約申込みみなし」をめぐって直接問題となるのは、違法類型第4の「脱法目的の偽装請負」に基づく実態上の派遣役務の受入れのケースであることを指摘したが、この中でもとくに問題となるのが、請負人と当該労働者との労働契約が無期雇用であって、かつ、脱法目的の請負業務期間が終了し、発注者の事業場での請負業務の就労が終わった後、相当期間が経ってから、申込みみなしの撤回禁止期間である1年以内に、元の発注者に対して、「承諾の通知」を発したという別図のケースのような場合である。…

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月2日第3039号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ