【変わる!労働関係法―企業はいかに対応するか】第3回 労働契約申込みみなし① 派遣社員を直接雇用 労働者が承諾し成立へ/安西 愈

2015.07.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

合意原則を適用せず

 現行の労働者派遣法には、派遣先の派遣労働者に対する労働契約の申込み義務(同法第40条の4、第40条の5)の定めがあり、雇入れ努力義務(第40条の3)も定められている。

 ところが、これらの規定は民事上(私法上)の効力のない公法上の義務であり、たとえこれらに該当した場合であっても…

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年7月20日第3025号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ