【変わる!労働関係法―企業はいかに対応するか】第10回 労働契約申込みみなし⑧――契約成立をめぐる問題 「承諾」時点で成立へ 違法行為発生日に遡らず/安西 愈

2015.09.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

独仏と異なる扱いに

 「労働契約申込みみなし」の要件に該当する違法行為の発生を認識した派遣労働者が、派遣先に対して承諾の意思表示を行った場合、労働契約の成立はいつになるか。

この点について、通達(平27・7・10職発0710第4号)によれば、「申込みを行ったとみなされる時点」は、「労働者派遣の役務の提供を受ける者(以下「派遣先等」という)が、改正後の労働者派遣法第40条の6第1項各号に該当する行為(以下「違法行為」という)を行った時点」であり、原則として、「違法行為が行われた日ごと」に「申込みをしたとみなされるものであること」とされている。

 そして、「労働契約の成立の時点等」については、…

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年9月14日第3032号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ