【変わる!労働関係法―企業はいかに対応するか】第20回 改正労働者派遣法②――旧法からの契約切替え 即時受入れも可能 抵触日に新契約締結し/安西 愈

2015.11.23 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

クーリング期間は不要

 旧労働者派遣法(平成27年法律第73号による改正前のもの。以下、旧法)に基づく労働者派遣契約により労働者派遣をしている場合、新法(平成27年法律第73号による改正後のもの)に基づく派遣契約への切替え時期や派遣可能期間の適用について、いろいろな質問が寄せられている。たとえば、①「旧法から新法への切替え時期は、旧法の抵触日を迎えるタイミングで良いのか。その場合にクーリング期間は設けなくても問題ないか」とか、②「旧法から新法へ切替えをする場合に、旧法が適用されていると旧法の契約上の抵触日が適用されるのか」といったもの等である。…

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年11月23日第3042号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ